学費ローンやクレカの
キャッシング機能解説!

留学にも使える学費ローン

海外留学をしたいけれど先立つものがないという人は学費ローンが役に立ちます。日本国内の学校より海外の学校の方が金銭的負担が大きいことがあります。
高額な学費ローンを組むことになりますので、返済計画を持つことが必要です。留学のための学費ローンを組むにはいくつかの条件を満たさなければなりません。
学費ローンは実際に使う学生ではなくその親に融資をするという形になりますが、これは、安定した収入が確保できているかが審査突破にまず必要だからです。学費ローンの要件をクリアしているかどうかは、留学について親の合意を得られるかどうかが大事です。
留学する場合、大きく分けて三つのタイプの学費ローンがあります。日本政策金融公庫の教育一般貸付は留学費用を目的としての融資の申し込みが可能な学費ローンであり、いくつかの条件を満たしている必要があります。
世界の年間収入が990万円以内、事業所得者は770万円以内の親に限られています。2.5%という低金利です。一般金融機関の学費ローンがあります。
銀行系学費ローンで、3%から5%程度の金利です。借り入れた金銭の使い道が決まっておらず、教育に限定せずに何に使ってもいいフリーローンというローン商品も存在します。
学費ローンのように借りたお金を何に使うのか明確にせずとも借り入れができる多目的なローンですが、金利はやや高めになるようです。

私も利用するサイトさん

注意!

文章を無断で他の媒体に転載することは固くお断り致します。