学費ローンやクレカの
キャッシング機能解説!

学費ローンの金利

ローン選びでは金利を意識する方が多いでしょう。変動型金利の学費ローンと固定型金利の学費ローンはどちらがいいでしょう。
より金利が安い学費ローンを利用するなら変動型金利の方が有利なようですが、返済終了までに時間がかかる場合は金額が高くなります。返済期間を5年以内に設定すれば変動型金利のほうが有利です。
5年以上になりますと、返済金額が高くなりますので、返済期間を長く設定したい場合は、固定金利を選択する方が得です。
固定金利型の年利2.5%が、日本政策金融公庫で取り扱ってる公的な学費ローンの金利で、年金教育貸付、教育一般貸付、郵貯貸付全て同じです。
低金利で利用できる学費ローンで、日本政策金融公庫以外のものも幾つかあります。ろうきんの教育ローンの利用限度額は1000万円、変動金利制なら2.275%で固定金利なら2.4%です。
がくゆうローンは固定金利制で2.53%となっています。銀行などの金融機関で扱っている学費ローンの年率も様々です。
みずほ銀行教育ローンは、固定金利型6.6%、変動金利型は5.275%の年利での融資を行っています。三井住友銀行の教育ローンは変動金利のみで、無担保では4.875%、担保があれば3/.375%となります。4.875%の変動金利か6.625%の固定金利での借り入れができるところは三菱東京 UFJ 銀行です。
学費ローンの申し込み要件は気になりますが、国民生活金融公庫の学費ローンでは、融資の際に担保を要求しない代わりに親の安定収入を重視します。水商売は収入が不安定だと判断する金融機関もありますし、正社員として働いており基本的に収入が一定なら信用は高いですが、現在の職場に何年働いているかという点を審査に加味するというところもあります。
公的な学費ローンとして利用されている教育一般貸付は、1世帯の収入が990万円より少ない金額であり、かつ融資限度額は子ども1人に対して200万円以下です。

私も利用するサイトさん

注意!

文章を無断で他の媒体に転載することは固くお断り致します。